@感染症
ネコの症状 感染方法 予防対策
猫ウィルス性鼻気管炎 急に元気がなくなる。ひどいクシャミ、咳、鼻炎などの呼吸器症状の他、結膜炎を引き起こし 目ヤニなどが出る。高熱で食欲はなくなり、鼻水と涙で顔中くしゃくしゃな典型的なカゼの症状が見られる。下痢を起こし脱水症状を示して衰弱が進み、死ぬ事もある。 感染猫との直接の接触。また、クシャミによる飛沫の拡散や、食器、人間の手、衣服等の間接的な媒介物によっても感染する。 免疫が不安定な仔猫の時期には感染源との接触を避ける。
ワクチンによる予防接種で症状発現を最小限に出来る。
猫カリシウィルス感染症 かかりはじめはクシャミ、鼻水、発熱など。症状が進むと舌や口の周辺に潰瘍が出来、痛みにより食餌が出来なくなる。時には急性の肺炎を起こして死亡する事もある。 感染猫との直接の接触。また、クシャミによる飛沫の拡散や、食器、人間の手、衣服等の間接的な媒介物によっても感染する。 免疫が不安定な仔猫の時期には感染源との接触を避ける。
ワクチンによる予防接種で症状発現を最小限に出来る。
ネコ汎白血球減少症 最初は食欲が低下し、急に元気がなくなる。白血球が極端に減少し、高熱、激しい嘔吐、血便や下痢がはじまると脱水症状を引き起こす。感染力が強く、感染してから急激に症状が出る事もあり、体力のない仔猫などではたった1日で死に至る事もある。 感染猫との接触だけでなく、感染猫の便や尿、嘔吐物で汚染されたもの、人間の手、衣服等の間接的な媒介物によっても感染する。 仔猫の場合は母猫からの免疫を受け取れるように初乳をしっかり飲ませる。免疫が不安定な時期には感染源との接触を避ける。
ワクチンによる予防接種で症状発現を最小限に出来る。
ネコ白血病ウィルス感染症 一般的な症状は、体重減少、発熱、脱水、鼻水、下痢など。白血病やリンパ腫、貧血、流産などをおこすほか、免疫力を弱めるため他の色々な病気にかかりやすくなる。感染しても発病するまでは見た目は健康だが、ウィルスを排泄し、他の猫への感染の原因になる。 咬む、舐める、毛づくろいなどの唾液の接触を介して他の猫に水平伝播する。加えて子宮内および経乳腺経路感染もみとめられている。 完全室内飼いにする。
ウィルスに感染している猫は他の猫と隔離する。食器等も別にする。
外に出る猫はワクチンも有効だが、接種する前に血液検査が必要。
猫免疫不全ウィルス感染症
(猫エイズ)
初期症状としては、発熱、下痢、リンパ節の腫れなど。その後は無症状の時期が数年にわたって続き、全身のリンパ節が再度腫れだし、数々の慢性の病気(口内炎、鼻炎、皮膚炎、腸炎など)が見られるようになる。発生に伴い様々な感染症に対する抵抗力が失われ、また悪性腫瘍の発生も多くなる。感染しても発病するまでは見た目は健康だが、ウィルスを排泄し、他の猫への感染の原因になる。 咬傷による感染が主だが、妊娠中に感染したメス猫は子宮内 あるいは後に初乳又は唾液を介して仔猫にウィルスを伝播する事がある。 完全室内飼いにする。
ウィルスに感染している猫は他の猫と隔離する。食器等も別にする。 ストレスの多い状況を避ける。
 その他
ネコの症状 感染方法 予防対策
皮膚疥癬 寄生部位は主に頭部で耳、顔、目の周りに広がる。激しいかゆみがあり、かくことによって、身体全体に広がっていく。顔や頭は角化、化膿、肥厚し、しわを生じる。 接触感染。
最近はタヌキから感染する事もある。
感染している猫は他の猫と隔離する。適切な治療をすれば予後は良好。
耳疥癬
(耳ダニ)
しきりに頭を振ったり、耳を激しくかくようになり、時には耳血腫がおきる事もある。症状が進むと特有の臭気を持つ耳垢がたまる。 接触感染。
仔猫は母猫、あるいは他の仔猫から感染する事が多い。
感染している猫は他の猫と隔離する。適切な治療をすれば予後は良好。
皮膚糸状菌症 発症は特に 顔面、耳、頭、足の先、尾などが顕著で、脱毛・フケ・赤み・痂皮形成などが円形状の病変としてみられる事が多い。痒みは比較的軽度であるが、慢性化したものや、全身性の例では痒みが強くなる。 接触感染。 感染している猫は他の猫と隔離する。適切な治療をすれば予後は良好。
ノミアレルギー 背線、腰背部が主で他に尾、下腹部に脱毛や痒みのある丘疹、粟粒性の皮膚炎が見られる。慢性化したものや、痒みの強いものでは二次的な化膿性あるいは脂漏性の病変を伴っている事が多くなる。 ノミの寄生による。 完全室内飼いにする。
ノミの駆除。
喧嘩傷の感染
(外傷)
元気消沈、食欲不振、発熱および受傷部位の疼痛が初期症状。猫の身体のどこかに腫脹があって、痛みや(肢の場合)跛行が見られたら外傷が疑われる。特に傷口からの流出物に腐敗臭がある場合は経過が進んだ時期にある。 傷の中に猫の口腔内の細菌やその他の雑菌が進入する事により感染する。 避妊・去勢手術をして発情に伴う猫の喧嘩を抑制する。
完全室内飼いにする。
咬傷が疑われる場合は、速やかに治療する事をおすすめします。
ホームページへ うぇるかむ・あん’ず・るうむ 避妊・去勢手術の話 病気について考えよう おおねこ・こねこ・ぎゃらりー アン.動物病院写真館 お役立ちリンク
猫は人間と比べて体の大きさが違うだけでなく、薬の種類によっては効き方にも違いがあるので、自己判断で人用の薬を与えてはいけません。病気が悪化したり、場合によっては死亡することもあります。
猫の異常に気づいたら、詳しい治療法について出来るだけ早く獣医師に相談しましょう。
このページの最初へ
病気について考えようへ戻る
病気について考えよう・猫の病気編